前に、オーバーライドする形で提供していましたが、プラグイン形式にしました。
これで、バージョンによる差が吸収できるかな?

FFCombo.js
Code:
/* vim: set expandtab tabstop=4 shiftwidth=4 softtabstop=4: */

// {{{ Ext.plugin.FFCombo

/**
 * Ext.plugin.FFCombo
 *
 * コンボボックス編集不可能時にFireFoxでカーソルが表示される現象を回避する
 * プラグイン
 *
 * @author  Kazuhiro Kotsutsumi <kotsutsumi@xenophy.com>
 */
Ext.ns( 'Ext.plugin' );

Ext.plugin.FFCombo = Ext.extend( Ext.util.Observable, {

    // {{{ init

    init: function( combo ){

        combo.onRender = combo.onRender.createSequence( this.onCustomRender );

    },

    // }}}
    // {{{ onCustomRender

    onCustomRender: function( ct, position ) {

        // FireFoxの場合で、かつ編集できないときにカーソル非表示対応
        if( !this.editable && Ext.isGecko ) {

            this.mon(this.el, 'focus', function(){
                this.blur()
            }, this );
        }

    }

    // }}}

});

// }}}

/*
 * Local variables:
 * tab-width: 4
 * c-basic-offset: 4
 * c-hanging-comment-ender-p: nil
 * End:
 */
使い方は、下記の通りです。

Code:
new Ext.Panel({

    // タイトル設定
    title: 'Ext.plugin.FFCombo',

    // アイテム設定
    items: [{

        xtype: "combo",
        typeAhead: true,
        editable: false,
        triggerAction: 'all',
        lazyRender:true,
        mode: 'local',
        store: new Ext.data.ArrayStore({
            id: 0,
            fields: [
                'myId',
                'displayText'
            ],
            data: [[1, 'item1'], [2, 'item2']]
        }),
        valueField: 'myId',
        displayField: 'displayText',

        plugins: new Ext.plugin.FFCombo()

    }],

    // サイズ設定
    width: 300,
    height: 200,

    // レンダリング先設定
    renderTo: 'sandbox'

});
コンボボックスのコンフィグオプションに
Code:
plugins: new Ext.plugin.FFCombo()
を指定することで、有効になります。
もちろん、FFCombo.jsを読み込んでくださいね。