Latest Ext JS 7.8 is now available. Learn more

Sencha Test 2.2.1 提供開始のお知らせ

December 9, 2018 176 Views
Show
この記事は、Daniel Gallo, Sandeep Adwankarによる「Announcing Sencha Test 2.2.1 GA」の抄訳です

 

Sencha Test 2.2.1 の提供を開始しました。Sencha Test 2.2.1では、75以上の拡張機能と不具合修正を行うと共に、Ext JSコンポーネントの新しいAPIメソッドを提供し、Ext JSアプリケーションのユニットとエンドツーエンドのテストを改善しました。また、Kitchen SinkやAdmin DashboardなどのExt JSアプリケーションのエンドツーエンドテストに使用するテストスイートの一部にアクセスできるようになりました。

現在、Sencha TestはExt JS Enterprise エディションにも含まれます。Sencha TestサブスクリプションのユーザとExt JS Enterpriseのユーザの皆様はSencha Testの新しい機能をご利用いただけます。

Sencha Test 2.2.1 のハイライト

このリリースの新機能は次のとおりです。

  • 新しいAPIメソッド – “doubleClick”と”rightClick”により、Ext JSコンポーネントとHTMLエレメントとのやりとりが容易化。また “getRecord” でDataViewアイテムからレコードオブジェクトを取得可能。
  • テキストベースの列フィルタメニューアクションのすべての手順をキャプチャする強化されたイベントレコーダ
  • 有効なブラウザとOSの組み合わせのみを表示するように更新されたブラウザファームAPI
  • ブラウザ内テストでカスタムプロキシポートを使用するためのSencha Test CLIの強化
  • 堅牢なテストケースを作成できるInspect機能の改良
    Ext JS Kitchen Sink サンプルのための強力なテストスイートのダウンロードと利用
  • 組み込みSelenium Server向け最新ChromeDriver
  • 改良されたドキュメントとガイド

試してみよう

Sencha Test 2.2.1 の新機能

新しいAPIメソッド – Ext JSコンポーネントとHTML要素の “doubleClick”、 “rightClick”、DataViewアイテムの “getRecord”

Sencha Test 2.2.1では、Ext JSコンポーネントのダブルクリック操作と右クリック操作をサポートする新しいAPIメソッドが追加されました。また、Ext JS DataViewコンポーネントを操作するための新しい”getRecord” APIもあります。

以下の例は、グリッド上で右クリック操作を実行する方法を示しています。グリッド上で右クリック操作を実行すると、グリッド項目のコンテキストメニューイベントが発生します。:

ST.grid(‘mygrid’)
.rowAt(3)
.rightClick();
次の例は、グリッド行でダブルクリック操作を実行し、行エディタプラグインで設定されている場合に行を編集可能にする方法を示しています。:
ST.grid(‘mygrid’)
.rowAt(3)
.doubleClick();

 

次の例は、DataViewアイテムの基礎となるレコードを取得するための新しいAPIを示しています。:
ST.dataView(‘mydataview’)
.itemAt(3)
.getRecord()
.and(function (item) {
expect(item.data.record.companyName).toBe(‘Sencha’);
});
テキストベースの列フィルタメニューアクションのすべての手順をキャプチャする強化されたイベントレコーダ

Sencha Test Event Recorderはユーザーの操作を追跡し、意味のあるテストコードを生成します。記録用のロケータ戦略が強化され、テキストベースの列フィルタメニューアクションをより適切に処理できます。

有効なブラウザとOSの組み合わせのみを表示するように更新されたブラウザファームAPI

ブラウザファームは、通常、特定のバージョンのブラウザがインストールされた仮想マシンの集合で構成されています。SauceLabsなどでホスティングされるブラウザファームを用いれば、内部のブラウザファームを手動で設定および管理する時間と労力を費やす必要がありません。ブラウザファームでは構築済みのインフラが利用でき、さまざまなブラウザインスタンスを迅速かつ容易に活用してWebアプリケーションをテストできます。この最新のリリースでは、有効なブラウザとOSの組み合わせを提供するために、ブラウザファームAPIが更新されています。

ブラウザ内テストにカスタムプロキシポートを使用するための強化された Sencha Test CLI

Sencha Test CLI(STC)は、JenkinsやTeamCityなどのContinuous Integration(CI)サーバーとの統合を提供し、コマンドラインからシナリオのテストを実行する機能を提供します。
デフォルトでは、STCはブラウザ内テストを実行するときにポート8000​​を使用します。CORS要求が正常に完了するためには、特定のホスト名とポート番号で実行する必要があります。つまり、STC経由のインブラウザテストランナーのポート番号を設定する必要があります。

このリリースでは、STCに新しいコマンドラインスイッチが追加され、ブラウザ内テスト用に組み込みプロキシポートを定義することができます。たとえば、次のようになります。

stc run -s test/myscenario -p embedded --proxyPort 1840

堅牢なテストケースを作成できるInspect機能の改良

Inspect機能により、Sencha Testのユーザーは実行中のExt JSアプリケーションでコンポーネントを簡単に見つけることができます。Sencha Test 2.2.1ではInspect Wizardが強化され、より堅牢なロケータを作成できるようになりました。

Ext JS Kitchen Sink サンプルのための強力なテストスイートのダウンロードと利用

Ext JSフレームワークとサンプルの各バージョンをリリースする前に、15回のブラウザの組み合わせで70,000回以上のテストケースを複数回実行しています。何千ものテストケースでフレームワークアプリケーションのエンドツーエンドテストも実行します。
このGitHubリポジトリのエンドツーエンドテストケースにアクセスできるようになりました。このリポジトリには、キッチンシンク内の何百ものコンポーネントのテストケースのセットを含む、さまざまなサンプルが用意されています。リポジトリをクローンし、Sencha Testの “SDK-Test”サブフォルダを開いて、それらのテストケースを実行してください。

新しいChromeバージョンのサポート

このリリースには、埋め込みSelenium Server用のChromeDriverのアップデート版が含まれており、Sencha Testは最新バージョンのGoogle Chromeで完全に動作することができます。

ぜひフィードバックをお寄せください

Sencha Test 2.2.1をダウンロードし、Ext JS、ExtReact、ReactまたはAngularアプリケーションを使用して開発したアプリケーションをテストしてください。また
Sencha Testフォーラムでのご意見・ご感想やバグレポートなど、皆様のコメントをお待ちしております。

Recommended Articles

Virtual JS Days 2024のハイライト

2024年2月20日~22日、第3回目となる「Virtual JavaScript Days」が開催されました。JavaScript の幅広いトピックを採り上げた数多くのセッションを実施。その内容は、Senchaの最新製品、ReExt、Rapid Ext JSまで多岐にわたり、JavaScriptの最新のサンプルも含まれます。 このカンファレンスでは多くのトピックをカバーしています。Senchaでセールスエンジニアを務めるMarc Gusmano氏は、注目すべきセッションを主催しました。Marc は Sencha の最新製品「ReExt」について、詳細なプレゼンテーションを実施。その機能とメリットを、参加者に理解してもらうべく詳細に説明しました。 カンファレンスは、Senchaのジェネラルマネージャを務めるStephen Strake氏によるキーノートでスタートしました。キーノートでは、会社の将来のビジョンについての洞察を共有しています。世界中から JavaScript 開発者、エンジニア、愛好家が集まるとてもエキサイティングなイベントとなりました。これは、JavaScript エコシステムの最新情報について学ぶユニークな機会と言えます。

Ext JS 7.7リリース

このたび、Senchaチームは、Sencha Ext JS 7.7のリリースを発表しました。このリリースでは、7.6リリースに続き、Grid、Modern Sliderfieldなどユーザーの皆さんからの要望の多かった機能の強化に加え、双方のツールキットで、Grid、Chart、TreePanel、Timefield、ComboBox、Storeなどにフォーカスして品質改善を行っています。

Sencha 2023/2024 ロードマップアップデート

このブログ記事では、近い将来に計画しているSencha製品のリリースについての詳細を説明します。 Sencha チームでは、日々お客様と対話を続けており、皆さんのフィードバックが、製品全体の方向性の決定に大きな役割を果たしています。 ロードマップアップデートの詳細を説明する前に、Senchaの新しいサービスを含め、ここ数ヶ月で提供した内容についてまとめておきたいと思います。

JavaScript開発者必見のオンラインイベント「SenchaCon 2023」

常に最新のテクノロジー、ツール、トレンドを把握することの重要性を理解しているJavaScript開発者。そんなエンジニアを対象とした、オンラインイベント「SenchaCon 2023」が開催されます。 このカンファレンスでは、あらゆるレベルのJavaScript開発者が集い、スキルアップやナレッジを共有できる環境を提供します。SenchaCon 2023には、注目のスピーカーが登壇し、興味深いコンテンツをお届けします。まさに、必見のイベントです。 SenchaCon 2023は、米国中部標準の2023年4月12日9時(日本時間4月12日23時)に開催されます。

Sencha GRUIの新しいブランド・アイデンティティ「BestReactGrid」

Senchaでは、「Sencha GRUI」を「BestReactGrid」にリブランドし、Reactコミュニティに向け、React開発者のユーザーエクスペリエンスの向上を実現するスタンドアロンエンティティとして提供することを発表しました。この比類ない機能と特長により、BestReactGridは、世界中のReact開発者にとって絶好の選択肢となるものと期待されます。

Rapid Ext JS ベータ版を公開

今回、Rapid Ext JSベータ版をリリースしたことを発表します。このベータ版によって、新たに提供されるハイパフォーマンスツールを早期にお試しいただくことができます。すでに Sencha Ext JSを利用されている方は、新たにラインナップに加わるSencha Rapid Ext JSの登場を歓迎されていることと思います。Rapid Ext JSは、強力なローコード エディターであり、Ext JSによる開発をスピードアップすることが可能です。 この記事では、Rapid Ext JS のハイライトを紹介します。

View More