Latest Ext JS 7.8 is now available. Learn more

イタチでもわかる Ext JS 7 入門 – 第1回 Ext JS とは?

July 21, 2020 456 Views
Show

Ext JS 7 入門講座の第1回です。Web アプリフレームワーク Ext JS の特徴と、エンタープライズ Web アプリ開発で Ext JS が長年採用されている理由を解説します。

Ext JS は、米国 Sencha 社の JavaScript アプリケーションフレームワークです。「オールインワン」「高性能」「分業対応」「長期サポート」といった特徴が、長期的な拡張性・保守性・安定性を重視するエンタープライズ Web アプリの開発に適しています。実際、Fortune 100(全米上位 100 社)の 6 割が Ext JS を採用しています。Ext JS により、厳しい長期的な保守要件を満たし、開発・保守に必要な時間と費用を大幅に削減することができます。

オールインワン

Ext JS では、エンタープライズ Web アプリのフロントエンド開発に必要な機能やコンポーネント、ツール等が一通りそろっており、すぐに開発を始めることができます。特定のバックエンド環境には依存しません。一方、他のフレームワークでは、プロジェクトの仕様に合わせて異なるベンダーの小規模フレームワークやツールを組み合わせ、性能・相性の検証や個別のバージョン・ライセンス管理が必要になり、開発自体に集中することが難しくなります。

Ext JS には、そういった組み合わせの影響を受けない一貫性があり、プロジェクトごとに開発環境やコーディングスタイルについてチームメンバーをトレーニングする必要がありません。一度の短期集中トレーニングにより、プロジェクト間で開発・人的リソースを共有できるようになります。JavaScript に加えて TypeScript や JSX のような言語を別途覚える必要もないため、総合的に見ると学習コストはかなり低いといえます。

エンタープライズ Web アプリでよく使用する UI コンポーネントを網羅していることも強みで、個別に開発・導入する時間を大幅に節約できます。現時点で 140 個以上用意されている UI コンポーネントには、フォームやメニューといった単純なものから、データを可視化・分析する表やグラフ、カレンダーまであります。外観と操作感の確認には、キッチンシンク(UI コンポーネントのショーケース)や管理者ダッシュボードサンプルアプリが便利です。

Ext JS の商用ライセンスには、生産性を向上する多くのツールが付属します。例えば、Sencha Architect を使用すると、UI または Ext JS アプリ全体を視覚的かつ効率的に開発することができます。マウス操作でコンポーネントの配置や設定を行うことができ、最適化された模範的なコードが自動生成されます。Sencha Test は、クロスブラウザでの単体テストや結合テストを自動化し、アプリの品質テストにかかる時間を短縮します。

高性能

エンタープライズ Web アプリでは、大量のデータ、いわゆるビッグデータを取り扱う場面が想定されますが、Ext JS はそれを高速に処理・描画可能な高い性能を備えています。例えば、2020 年 4 月の自社調べでは、10 万~ 100 万件以上のレコードを管理するグリッド表コンポーネントのスクロール処理が競合製品より 300 倍以上高速でした。

Ext JS アプリはクロスプラットフォームに対応しており、同じコードベースから多様なブラウザやデバイスに適したユーザー体験と安定した動作を提供します。外観と機能面で、デスクトップアプリと遜色ない水準の UI を構築することもできます。また、今でも Internet Explorer 8 のような古いブラウザをサポートするツールキットを提供しており、レガシーブラウザとの後方互換性にも力を入れています。

分業対応

Ext JS はクラスベースのオブジェクト指向や MVC・MVVM デザインパターンでのプログラミングに対応しているため、チームメンバー間で大規模プロジェクトのコーディング作業を効率よく分担して進めることができます。これにより、コード全体の見通しも良くなり、チームでのプロジェクト進行管理や長期的な保守も容易になります。

Ext JS のクラスシステムは、他のオブジェクト指向言語と同じようにコードをモジュール化し、再利用や拡張を可能にします。MVC パターンは、データ(モデル)、表示(ビュー)、そしてそれらを接続する処理(コントローラ)を分離し、個別に取り組めるようにします。さらに MVVM パターンでは、元の MVC パターンが持つ利点に加え、各ビューを個別に独立した MVC パターンで管理することができます。

長期サポート

Sencha 社には、Ext JS の開発・保守・サポート・トレーニングを 2007 年から続けている実績があります。Web アプリは開発して終わりではなく、運用期間に応じた保守が必要になりますが、エンタープライズ Web アプリの寿命は 10 年以上といわれてます。どれだけ流行りのフレームワークであっても、いつサポートが中断するか分からないものや、サポートが提供されていないものは安易に採用すべきではありません。

異なるベンダーの製品を複数組み合わせて作る独自フレームワークと違い、Ext JS では製品ごとにライセンスやサポートを管理する手間がかかりません。サポートや不具合報告の窓口が一本化され、相性問題の切り分けができずにベンダー間でたらい回しにあうことがなくなります。コンポーネントやツールの相互互換性が事前に検証されており、フレームワークの一部変更が全体の足かせになるような問題も起こりません。

日本語サポート

日本では、Sencha 社の兄弟会社であるエンバカデロ・テクノロジーズ社が日本語で Ext JS の導入相談やライセンス手続き、顧客・技術サポート、情報公開、トレーニング等を提供しています。Ext JS に関してご興味やご質問がございましたら、こちらまでお気軽にご連絡下さい。

次回は、開発環境を準備して、Ext JS の世界を実際に体験してみましょう。

Recommended Articles

Ext JS ClassicとModernツールキットの違いを理解する

Ext JSは、強力なWebアプリケーション/モバイルアプリケーションを構築するためのJavaScriptフレームワークです。フレームワークには、140を超える高性能でフルテスト済のカスタマイズ可能な UIウィジェット/コンポーネントが搭載されています。さらに、すべての最新ブラウザに対応し、クロスプラットフォーム開発をサポートしています。Ext JSは、アプリを構築するための2つのツールキット(Classic ToolkitとModern Toolkit)を提供しています。それぞれのツールキットは、異なるユースケースに対応するように設計されており、独自の機能と利点を提供します。

Ext JS 7.8リリース

このたび、Senchaチームは、Sencha Ext JS 7.8のリリースを発表しました。このリリースでは、7.7リリースに続き、Grid、Timefield、Chart、TreePanelなどユーザーの皆さんからの要望に応え、ModernおよびClassicツールキットに数多くの品質強化を行っています。また、Ext JS 7.8には、Classicツールキットの新機能Froalaに加え、CheckBox、Grid、DataViewの改善、Grid、Combo、CheckBox、Chart、Date Field、TreePanel、Storeなどに対する要望の多かった機能、双方のツールキットに対する品質改善が含まれます。

Virtual JS Days 2024のハイライト

2024年2月20日~22日、第3回目となる「Virtual JavaScript Days」が開催されました。JavaScript の幅広いトピックを採り上げた数多くのセッションを実施。その内容は、Senchaの最新製品、ReExt、Rapid Ext JSまで多岐にわたり、JavaScriptの最新のサンプルも含まれます。 このカンファレンスでは多くのトピックをカバーしています。Senchaでセールスエンジニアを務めるMarc Gusmano氏は、注目すべきセッションを主催しました。Marc は Sencha の最新製品「ReExt」について、詳細なプレゼンテーションを実施。その機能とメリットを、参加者に理解してもらうべく詳細に説明しました。 カンファレンスは、Senchaのジェネラルマネージャを務めるStephen Strake氏によるキーノートでスタートしました。キーノートでは、会社の将来のビジョンについての洞察を共有しています。世界中から JavaScript 開発者、エンジニア、愛好家が集まるとてもエキサイティングなイベントとなりました。これは、JavaScript エコシステムの最新情報について学ぶユニークな機会と言えます。

Ext JS 7.7リリース

このたび、Senchaチームは、Sencha Ext JS 7.7のリリースを発表しました。このリリースでは、7.6リリースに続き、Grid、Modern Sliderfieldなどユーザーの皆さんからの要望の多かった機能の強化に加え、双方のツールキットで、Grid、Chart、TreePanel、Timefield、ComboBox、Storeなどにフォーカスして品質改善を行っています。

Sencha 2023/2024 ロードマップアップデート

このブログ記事では、近い将来に計画しているSencha製品のリリースについての詳細を説明します。 Sencha チームでは、日々お客様と対話を続けており、皆さんのフィードバックが、製品全体の方向性の決定に大きな役割を果たしています。 ロードマップアップデートの詳細を説明する前に、Senchaの新しいサービスを含め、ここ数ヶ月で提供した内容についてまとめておきたいと思います。

JavaScript開発者必見のオンラインイベント「SenchaCon 2023」

常に最新のテクノロジー、ツール、トレンドを把握することの重要性を理解しているJavaScript開発者。そんなエンジニアを対象とした、オンラインイベント「SenchaCon 2023」が開催されます。 このカンファレンスでは、あらゆるレベルのJavaScript開発者が集い、スキルアップやナレッジを共有できる環境を提供します。SenchaCon 2023には、注目のスピーカーが登壇し、興味深いコンテンツをお届けします。まさに、必見のイベントです。 SenchaCon 2023は、米国中部標準の2023年4月12日9時(日本時間4月12日23時)に開催されます。

View More