Introducing React ReExt – Sencha Ext JS Components in React! LEARN MORE

Sencha Architect 4.2 の正式リリース

June 7, 2017 109 Views
Show

Ext JS 6.5とSencha Cmd 6.5をサポートしたSencha Architect 4.2を正式にリリースしたことを発表いたします。Architect 4.2では、Ext JS 6.5の新しいコンポーネントをドラッグ&ドロップで利用できる他、Themer 1.2のテーマを取り込むことが可能。業務で重要なWebアプリケーションを素早く構築できるようになっています。

お試し下さい

Architect 4.2の新機能

新しいコンポーネントやプラグイン、コンフィグを利用してExt JS 6.5のアプリケーションを視覚的に構築

Ext JS 6.5 では、リッチなユーザー体験をモバイルとデスクトップで提供できるよう、数々の素晴らしい新機能をModernツールキットに追加しました。Sencha Architect 4.2では、新しいコンフィグやグリッド、ツリー、ピボット・グリッドなどのプラグインを利用して、Ext JSアプリを視覚的に構築することが可能です。ダイアログや日付パネルなどの新しいコンポーネントをドラッグ&ドロップでアプリケーションに追加できます。大量のデータセットを管理、シームレスにスクロールするバーチャル・ストアも利用可能です。グリッドでは、マイクロソフトのExcelと似た操作感で、ユーザーに行や列、セルを選択させることができます。これらの選択モードは新しい selectable コンフィグで指定可能です。下記の例をご参照下さい。

Sencha Architect - Visually Build Ext JS 6.5 Apps with New Components, Plugins, and Configs

最新のES6コードを利用してExt JSアプリを開発

Architect 4.2は、Sencha Cmd 6.5をサポートしています。そのため、アロー関数やletキーワード、オブジェクトの分割代入などのES6の新しいクールな機能を利用してコードを書くことが可能です。Architectのプロジェクトを保存すると、Cmdはどこでも動作するようコードをコンパイルします。内部では、Cmd 6.5はGoogleのClosure Compilerを利用してコードをトランスパイルしています。Architect 4.2はES6をサポートする新しいコードエディタを備えています。下記の例をご参照下さい。

Sencha Architect - Develop Ext JS Apps Using the Latest ES6 Code

300以上のテーマ変数やThemer 1.2からのテーマ取り込みを利用して美しいアプリを作成

Ext JS 6.5の300以上の新しいSaas変数を利用することで、素晴らしい外観のアプリケーションを開発できます。これらの新しいSaas変数はArchitect 4.2で直接利用することが可能です。私達は先日、Ext JS 6.5の新しい変数やコンポーネントをサポートする Themer 1.2 をリリースしました。Architect 4.2では、Themer 1.2で作成した変数を簡単に取り込むことができます。下記の例をご参照下さい。

Sencha Architect - Create Beautiful Apps with 300+ New Theme Variables and Import Themes from Themer 1.2

その他の機能とパフォーマンスの向上

Architect 4.2では新しいElectronのパッケージャー(バージョン1.6.2)を利用することで、パフォーマンスと安定性を向上しています。新しいModernプロジェクトのサンプルやオフラインライセンスのインポート機能、Modern 6.2から6.5にアップグレードする際の廃止予定のイベント利用の警告など、数々の機能強化を行いました。詳細については、「 What’s New in Architect 4.2 」ガイドをご参照下さい。

フィードバックをお寄せ下さい

Architect 4.2をダウンロードし、ぜひ フォーラム で感想をお寄せ下さい。皆様からのコメントを楽しみにしております。

Show
Start building with Ext JS today

Build 10x web apps faster with 140+ pre-build components and tools.

Latest Content
Discover the Top 07 Architecture Patterns used in Modern Enterprise Software Development
Discover the Top 07 Architecture Patterns used in Modern Enterprise Software Development

Developing software without an architecture pattern may have been an option back then. However, that’s…

JavaScript Design Patterns: A Hands-On Guide with Real-world Examples
JavaScript Design Patterns: A Hands-On Guide with Real-world Examples

As a web developer, you know how popular JavaScript is in the web app development…

Virtual JS Days 2024のハイライト
Virtual JS Days 2024のハイライト

2024年2月20日~22日、第3回目となる「Virtual JavaScript Days」が開催されました。JavaScript の幅広いトピックを採り上げた数多くのセッションを実施。その内容は、Senchaの最新製品、ReExt、Rapid Ext JSまで多岐にわたり、JavaScriptの最新のサンプルも含まれます。 このカンファレンスでは多くのトピックをカバーしています。Senchaでセールスエンジニアを務めるMarc Gusmano氏は、注目すべきセッションを主催しました。Marc は Sencha の最新製品「ReExt」について、詳細なプレゼンテーションを実施。その機能とメリットを、参加者に理解してもらうべく詳細に説明しました。 カンファレンスは、Senchaのジェネラルマネージャを務めるStephen Strake氏によるキーノートでスタートしました。キーノートでは、会社の将来のビジョンについての洞察を共有しています。世界中から JavaScript 開発者、エンジニア、愛好家が集まるとてもエキサイティングなイベントとなりました。これは、JavaScript…

See More

Recommended Articles

Virtual JS Days 2024のハイライト

2024年2月20日~22日、第3回目となる「Virtual JavaScript Days」が開催されました。JavaScript の幅広いトピックを採り上げた数多くのセッションを実施。その内容は、Senchaの最新製品、ReExt、Rapid Ext JSまで多岐にわたり、JavaScriptの最新のサンプルも含まれます。 このカンファレンスでは多くのトピックをカバーしています。Senchaでセールスエンジニアを務めるMarc Gusmano氏は、注目すべきセッションを主催しました。Marc は Sencha の最新製品「ReExt」について、詳細なプレゼンテーションを実施。その機能とメリットを、参加者に理解してもらうべく詳細に説明しました。 カンファレンスは、Senchaのジェネラルマネージャを務めるStephen Strake氏によるキーノートでスタートしました。キーノートでは、会社の将来のビジョンについての洞察を共有しています。世界中から JavaScript 開発者、エンジニア、愛好家が集まるとてもエキサイティングなイベントとなりました。これは、JavaScript エコシステムの最新情報について学ぶユニークな機会と言えます。

Ext JS 7.7リリース

このたび、Senchaチームは、Sencha Ext JS 7.7のリリースを発表しました。このリリースでは、7.6リリースに続き、Grid、Modern Sliderfieldなどユーザーの皆さんからの要望の多かった機能の強化に加え、双方のツールキットで、Grid、Chart、TreePanel、Timefield、ComboBox、Storeなどにフォーカスして品質改善を行っています。

Sencha 2023/2024 ロードマップアップデート

このブログ記事では、近い将来に計画しているSencha製品のリリースについての詳細を説明します。 Sencha チームでは、日々お客様と対話を続けており、皆さんのフィードバックが、製品全体の方向性の決定に大きな役割を果たしています。 ロードマップアップデートの詳細を説明する前に、Senchaの新しいサービスを含め、ここ数ヶ月で提供した内容についてまとめておきたいと思います。

JavaScript開発者必見のオンラインイベント「SenchaCon 2023」

常に最新のテクノロジー、ツール、トレンドを把握することの重要性を理解しているJavaScript開発者。そんなエンジニアを対象とした、オンラインイベント「SenchaCon 2023」が開催されます。 このカンファレンスでは、あらゆるレベルのJavaScript開発者が集い、スキルアップやナレッジを共有できる環境を提供します。SenchaCon 2023には、注目のスピーカーが登壇し、興味深いコンテンツをお届けします。まさに、必見のイベントです。 SenchaCon 2023は、米国中部標準の2023年4月12日9時(日本時間4月12日23時)に開催されます。

Sencha GRUIの新しいブランド・アイデンティティ「BestReactGrid」

Senchaでは、「Sencha GRUI」を「BestReactGrid」にリブランドし、Reactコミュニティに向け、React開発者のユーザーエクスペリエンスの向上を実現するスタンドアロンエンティティとして提供することを発表しました。この比類ない機能と特長により、BestReactGridは、世界中のReact開発者にとって絶好の選択肢となるものと期待されます。

Rapid Ext JS ベータ版を公開

今回、Rapid Ext JSベータ版をリリースしたことを発表します。このベータ版によって、新たに提供されるハイパフォーマンスツールを早期にお試しいただくことができます。すでに Sencha Ext JSを利用されている方は、新たにラインナップに加わるSencha Rapid Ext JSの登場を歓迎されていることと思います。Rapid Ext JSは、強力なローコード エディターであり、Ext JSによる開発をスピードアップすることが可能です。 この記事では、Rapid Ext JS のハイライトを紹介します。

View More