Latest Ext JS 7.8 is now available. Learn more

Sencha Themer 1.3の正式リリース

August 8, 2017 152 Views
Show

Ext JS 6.5.1やCmd 6.5.1、そしてExtReactをサポートしたSencha Themer 1.3の正式リリースを発表できることに興奮しています。Themer 1.3では、ローカルのフォントやCSSのエクスポート、既存アプリケーションやワークスペースに関するサポートの改善など、お客様からの様々な要望を取り入れています。

Download Now

新機能について

下記はThemer 1.3の主な新機能です。

Ext JS 6.5.1の新機能のサポート

Ext JS 6.5.1 ではお客様やコミュティより頂いた要望やご報告頂いた問題の修正を行いました。Themer 1.3はExt JS 6.5.1をサポートすると共に、新しいDisplayfieldコンポーネントや、ツールバー、タブパネル、グリッドセルのオーバーフローに関する強化機能のテーマ作成が可能です。

Sencha Themer 1.3 - Supports New Ext JS Displayfield Component and More

Cmd 6.5.1のAPIのサポート

Themer 1.3では最新のCmd 6.5.1とその新しいAPIを利用し、テーマパッケージのSass名前空間を変更することなく、新しいUIを追加することが可能です。これは、名前空間の値に依存している既存のテーマがThemerとより互換性を持つことを意味します。

ExtReact 6.5.1の新機能のサポート

ExtReact 6.5.1 では、いくつかのコンポーネントの改善とバグ修正と共に、いくつかの機能強化がExtReactツールに提供されています。Themer 1.3では、ExtReact 6.5.1のコンポーネントを利用するReactアプリケーションのカスタムテーマを作成することができます。

テーマへのローカルフォントの追加

Themer 1.3では、たくさんの要望を頂いている機能の一つである、「ローカル」のフォントをテーマに追加する機能をサポートしました。「ローカル」フォントは、Googleではなく、自身のサーバーから提供したい独自に所有しているフォントです。

ローカルフォントを追加するには、単にThemer Font Managementダイアログを開き(Tools > Manage Web Fonts)、フォントファイルを格納しているフォルダを選択下さい。Themerはフォントファイルをfontsディレクトリのテーマのresourcesフォルダにコピーします。Themerは、検出された有効なフォントファイルのメタデータに基づき@font-face定義を持つSCSSファイルを生成します。これにより、テーマにローカルフォントが追加され、Themerのfont family変数のドロップダウンで対象のフォントを利用できるようになります。

Sencha Themer 1.3 - Add Local Fonts to Your Theme

CSSのエクスポート

Themerは「Export CSS」のオプションをサポートしました。このオプションはテーマパッケージとそのアセットをビルドし、通常の方法で利用できるようCSSファイルとディレクトリを提供します。これは、アプリケーションのビルドでSencha Cmdを利用していないお客様にとって有用な機能です。

Sencha Themer 1.3 - Export CSS

既存のアプリとワークスペースへのサポートの改善

Themer 1.3では既存のアプリやワークスペースへのサポートを改善しました。複数のフレームワークを持つワークスペースや特定のTooklit用アプリケーションへのより良いサポートを行なっています。特定のToolkit用のテーマを作成できるようになりました。

Sencha Themer 1.3 - Improved Support for Existing Apps and Workspaces

フィードバックをお寄せ下さい

今回のリリースについて興奮しており、皆様がThemer 1.3を利用して素晴らしい外観を持つアプリの開発を楽しまれることを願っています。詳細についてはドキュメントをご覧頂き、ぜひお試し頂けますと幸いです。Sencha Themer forum にて、皆様からのフィードバックのコメントを拝見することを楽しみにしています。

Recommended Articles

Ext JS 7.8リリース

このたび、Senchaチームは、Sencha Ext JS 7.8のリリースを発表しました。このリリースでは、7.7リリースに続き、Grid、Timefield、Chart、TreePanelなどユーザーの皆さんからの要望に応え、ModernおよびClassicツールキットに数多くの品質強化を行っています。また、Ext JS 7.8には、Classicツールキットの新機能Froalaに加え、CheckBox、Grid、DataViewの改善、Grid、Combo、CheckBox、Chart、Date Field、TreePanel、Storeなどに対する要望の多かった機能、双方のツールキットに対する品質改善が含まれます。

Virtual JS Days 2024のハイライト

2024年2月20日~22日、第3回目となる「Virtual JavaScript Days」が開催されました。JavaScript の幅広いトピックを採り上げた数多くのセッションを実施。その内容は、Senchaの最新製品、ReExt、Rapid Ext JSまで多岐にわたり、JavaScriptの最新のサンプルも含まれます。 このカンファレンスでは多くのトピックをカバーしています。Senchaでセールスエンジニアを務めるMarc Gusmano氏は、注目すべきセッションを主催しました。Marc は Sencha の最新製品「ReExt」について、詳細なプレゼンテーションを実施。その機能とメリットを、参加者に理解してもらうべく詳細に説明しました。 カンファレンスは、Senchaのジェネラルマネージャを務めるStephen Strake氏によるキーノートでスタートしました。キーノートでは、会社の将来のビジョンについての洞察を共有しています。世界中から JavaScript 開発者、エンジニア、愛好家が集まるとてもエキサイティングなイベントとなりました。これは、JavaScript エコシステムの最新情報について学ぶユニークな機会と言えます。

Ext JS 7.7リリース

このたび、Senchaチームは、Sencha Ext JS 7.7のリリースを発表しました。このリリースでは、7.6リリースに続き、Grid、Modern Sliderfieldなどユーザーの皆さんからの要望の多かった機能の強化に加え、双方のツールキットで、Grid、Chart、TreePanel、Timefield、ComboBox、Storeなどにフォーカスして品質改善を行っています。

Sencha 2023/2024 ロードマップアップデート

このブログ記事では、近い将来に計画しているSencha製品のリリースについての詳細を説明します。 Sencha チームでは、日々お客様と対話を続けており、皆さんのフィードバックが、製品全体の方向性の決定に大きな役割を果たしています。 ロードマップアップデートの詳細を説明する前に、Senchaの新しいサービスを含め、ここ数ヶ月で提供した内容についてまとめておきたいと思います。

JavaScript開発者必見のオンラインイベント「SenchaCon 2023」

常に最新のテクノロジー、ツール、トレンドを把握することの重要性を理解しているJavaScript開発者。そんなエンジニアを対象とした、オンラインイベント「SenchaCon 2023」が開催されます。 このカンファレンスでは、あらゆるレベルのJavaScript開発者が集い、スキルアップやナレッジを共有できる環境を提供します。SenchaCon 2023には、注目のスピーカーが登壇し、興味深いコンテンツをお届けします。まさに、必見のイベントです。 SenchaCon 2023は、米国中部標準の2023年4月12日9時(日本時間4月12日23時)に開催されます。

Sencha GRUIの新しいブランド・アイデンティティ「BestReactGrid」

Senchaでは、「Sencha GRUI」を「BestReactGrid」にリブランドし、Reactコミュニティに向け、React開発者のユーザーエクスペリエンスの向上を実現するスタンドアロンエンティティとして提供することを発表しました。この比類ない機能と特長により、BestReactGridは、世界中のReact開発者にとって絶好の選択肢となるものと期待されます。

View More